最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

プロフィール

しらはせ

Author:しらはせ
2007年7月からヴァイオリンをはじめました
寝言から歌声を目指して♪

好きなこと/もの
読書、旅行、紅茶。

使用教本

新しいバイオリン教本4
小野アンナVn音階教本
カイザーヴァイオリン練習曲1
鈴木ヴァイオリン指導曲集6
*
済:新しいバイオリン教本1
  新しいバイオリン教本2
  新しいバイオリン教本3
  鈴木ヴァイオリン指導曲集2
  鈴木ヴァイオリン指導曲集3
  ホーマンヴァイオリン教本1
  ホーマンヴァイオリン教本2
  ホーマンヴァイオリン教本3

リンク

記念日

訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

LESSON 110

いきなりレッスンの回数が飛んでますが、12月にレッスン3回(106~108)、ピアノ合わせが109だったので、発表会後の最初のレッスンが110となるわけです。

さて、その発表会後のレッスン。

珍しく発表会どうでしたかと感想を聞かれました(笑)。
特に緊張してるわけではないと思うのに速い楽章で指が回らなくて焦りました、と言ったら、
ゆっくりな楽章は綺麗に弾けていましたけど、速い楽章は指の筋肉がまだついてないこともあって焦ると回らなくなるのかなと言われました。

いえ、師匠! ゆっくりな楽章は「まだマシ」程度です…ヴィブラートもそんなかかんなかったし、
速い楽章は、単に指がニブイのだと、わかってますからハッキリキッパリ言っていただいてよろしいのですよ!!(笑)

どういう練習をしたら指が動くようになるか相談したら、セヴシックという教本をすすめられました。

セヴシックはチェコの教本だそうですね。
師匠曰く、音大を目指す人が子供の時にたいてい使うつまらない練習。
今までも何度か書きましたが、左の指がそれぞれ独立して動くようにならねばならないので、そのための筋トレだそうです。
いずれはやるつまらない練習ってたぶんこの教本のことだったようです(笑)

レッスンで見始めてしまうととても時間がかかるので、練習のしかたと練習すべき部分を教えるので1回5分でも自主練するといいですよと言われました。

セヴシック、日本語版やらペーパーバック版やら種類があるようなので、実際手に取ってみてから買おうと思います。

やはりヴァイオリンは右手が大事。
さっと譜面を読んでさらっと弾くことよりも、自分が出す音、ひとつひとつを意識して自分がどんな音を出しているのかじっくり聞くことができるひとの方が最終的には上手くなるそうです。


■小野アンナ

 2オクターブ 2周目 ♭5つ。


■ アッコーライ

とぎれとぎれながらも、最後まで弾きました。
弾けていないところを練習することになりました。
最初のページと、5、6ページ。


2012-01-26(Thu) 23:09| レッスン| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srhs.blog19.fc2.com/tb.php/527-b068a09c

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。