最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

プロフィール

しらはせ

Author:しらはせ
2007年7月からヴァイオリンをはじめました
寝言から歌声を目指して♪

好きなこと/もの
読書、旅行、紅茶。

使用教本

新しいバイオリン教本4
小野アンナVn音階教本
カイザーヴァイオリン練習曲1
鈴木ヴァイオリン指導曲集6
*
済:新しいバイオリン教本1
  新しいバイオリン教本2
  新しいバイオリン教本3
  鈴木ヴァイオリン指導曲集2
  鈴木ヴァイオリン指導曲集3
  ホーマンヴァイオリン教本1
  ホーマンヴァイオリン教本2
  ホーマンヴァイオリン教本3

リンク

記念日

訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

LESSON 102

このごろは、練習しても弾けていない!とレッスン前に焦ることが多いです。
でもレッスン自体は楽しい♪

■小野アンナ 2オクターブ

やっと2オクターブ全部終わり!

次から2周目です。
今までは師匠がいう順番にひとつの調とアルペジオだけ弾いていましたが、2周目からは載ってる順番に長短とアルペジオセットで弾きます。
さっそく練習始めたら、ここんとこずっと短調ばかり弾いてるので長調がフラット気味になってた…


■アッコーライ

この曲の出だしの部分どーしても音程はずします。。。 かっこいいとこなのに!
アップの弓も浮いてしまうし、ほんと難しい。

3つスラーの連続部分は、アクセントの部分にヴィブラートをかけること。

他も相変わらず音程を注意されます。
なんか以前より駄目だし多くなった(笑)。
「違う!」「そうじゃない!」と言われるたびに内心びくっ!としてたんですが
(この年になって注意されることってそうそうないですから)
もう慣れました。
熱心に教えてもらえてありがたいです。

まあこのごろは師匠の「違う!」の声がかからなくても、自分で今音はずした!ってわかるときもあるから、それでも甘いと思うんですけどね。
音はずしたことがわかるようになっただけでも進歩している… と思いたい…

今の時期が壁にあたって一番つらい時期、上達している実感がない時期ですよと言われました。
これがあと数年続くそうです。
やめないでがんばってね!と言われたけど、どんなに上手く弾けなくてもまだやめたいと思ったことはないなあ。
ヴァイオリンを始める前に相当悩んだのでもう悩むことなどないんです。

あ、ひとつ下の記事で書いた親指の件、ズバリでした(笑)
親指は人差し指の向かい、中指の方へ広げることはあっても寝かすことはないってことで、矯正がんばろうと思います。

■ソナタ ト短調/エックレス

第1楽章だけ。
音程の確認。
1ポジで弾けるのにポジ移動の指示が多いのは、ヴィブラートをしっかりかけられる強い指を使うためだそうです。

バロックのトリル(エックレスは厳密にはバロックじゃないそうですが)は、トリルのひとつ前の音と同じ音で始まる場合は、上からかけること。

第2楽章は、ドッペルのように歯切れよく弾くこと。(ただし4小節目のフレーズはベタ弾き)


■ホーマン 252番

この曲すごく苦手だ~
臨時記号が多くていまだに後半の旋律がよくわからない。
でもあとすこしで3巻も終わりそうなのでがんばります。


2011-10-16(Sun) 00:11| レッスン| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srhs.blog19.fc2.com/tb.php/501-33b48a75

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。