最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

プロフィール

しらはせ

Author:しらはせ
2007年7月からヴァイオリンをはじめました
寝言から歌声を目指して♪

好きなこと/もの
読書、旅行、紅茶。

使用教本

新しいバイオリン教本4
小野アンナVn音階教本
カイザーヴァイオリン練習曲1
鈴木ヴァイオリン指導曲集6
*
済:新しいバイオリン教本1
  新しいバイオリン教本2
  新しいバイオリン教本3
  鈴木ヴァイオリン指導曲集2
  鈴木ヴァイオリン指導曲集3
  ホーマンヴァイオリン教本1
  ホーマンヴァイオリン教本2
  ホーマンヴァイオリン教本3

リンク

記念日

訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

オーストリア(3) ハルシュタット その1

なかなか旅行記が進まなくてすみません。
1日の出来事を1記事にするのは最初から無理があった!
だらだら続いてしまいますがご容赦ください。

*クリックすると大きな写真で見られます。
 最初から大きな写真で表示するとブログのデザインが崩れてしまうようなのでサムネイルにしています。


3-1.jpg  3-2.jpg


さて、3日めはハルシュタットへ移動する日です。

ハルシュタットは、きっとどこかで見たことがあると思います。世界の風景のカレンダーによく載ってます。
世界一美しい湖岸の村と言われているそうです
地図で見たら、オーストリアの真ん中あたりかな。
ハルシュタットは、「ハルシュタット、ダッハシュタイン、ザルツカンマーグート地方の文化的景観」としてユネスコの世界遺産に登録されています。
では問題です。わたしは今回の旅でオーストリアにある8件の世界遺産のうち、何件観光できたでしょうか。
答えはそのうち…


7時に起床して、ホテルの朝ごはん。
熱はまだあったけど、昨日よりは食欲が出てきました。
これなら大丈夫そう!

朝食のときに日本から一人旅の女性と話をする機会がありました。
ご両親が泊まってよかったと聞いたのでこのホテルに決めたそうです。

あ、ホテルのこと書いていなかったですね。
Roemischer Kaiser
多少お高めだけど、立地抜群。オペラ座へ5分、ケルントナー通りからすぐなのに静かで落ち着ける。
ただ、ヴェルサーチのバスルームが使いにくかったです。日本人サイズじゃなくて(笑)。


ホテルをチェックアウトして、地下鉄でウィーン西駅へ。
日本で買っておいたユーレイルパスは4日間の2等フレキシーパス。
最初に使用する前に、窓口で使用開始の手続き(ヴァリデート)をしてもらいます。
自分では乗車日と乗る列車を記入します。昔、イギリスでブリットレイルパスを使ったときは、列車までは書かなかったけど、厳しくなったのかな?

予定の列車まで時間があったので、トイレに行こうとしたら、入り口で0.50ユーロ払うシステム。
そうだった、トイレ用の小銭は絶やさないようにしないと!

8時44分発の列車に乗りました。
ガイドブックに、オーストリアの電車は基本的に予約が必要ないが夏休みは混むこともある、と書いてありましたが、運よくすぐに女性専用コンパートメントを見つけました。海外にも女性専用があるんですね。

日本では馴染みがないコンパートメント…なんでわざわざ個室にするのかな?
3人向かい合って6人が定員です。こちらでは大きなスーツケースも座席の上の棚にみんな乗っけます。
わたしもよろよろと荷物を上げようとしたら、前に座ってる女性が助けてくれました。
出発間際に若い女性のバックパッカー2人組が乗ってきて、ごろんと横になって寝始めました。
彼女たちはアイルランドから来た様子。


さて、乗り換え駅のアットナング・プッフハイム(言いにくい…)で降りるとき、コンパートメントで同室だった女性と一緒でした。30代後半くらいかな。
ハルシュタットに行くことを彼女に話したら、乗り換えの電車について駅員と話して何やら首をかしげています。わたしにはドイツ語だからわからないよ。

彼女の話によると 「ハルシュタットまでは、なんだかちょっと複雑なの。途中でバスに乗り換えるのよ

って、えー?
このスケジュール(右上の時刻表)にはそんなことひとっことも書いてないですけど!!
乗り換えはここだけじゃないの!?
発音間違ってないよね。ちゃんとハルシュタットだよね?とすごく不安に。

降りるときにその駅員さん(車掌さん?)について行けば大丈夫だから、って、うーん、まあよくわからないけど、ま、いいかってことでローカル線に乗り換えました。
我ながらアバウトですが、この時点でまだお昼前で時間的に余裕があったから間違えても大丈夫だろうとも思いました。

彼女も途中まで一緒ということで、電車の中で少し話ができました。
職業はフォトグラファーだそうで、なるほど、雰囲気が知的でチャーミング!
センスがいいというか、アーティスト系な気がしたんですよね。
これから恋人とバカンスだそうです。いいねえ!

日本から来たと言うと、フクシマの状況はどう?と聞かれました。
日本人の友達がいるとか、オーストリアには原発はないけど、周りにあるから心配と言ってた。
ヴァイオリンを趣味で弾いてることを話したら、有名な日本人演奏家を撮ったことがある、クロサキっていうひと、知らない?と聞かれました。
残念ながら存じ上げないです。

あとで気になってネットで調べたら、オーストリアで活躍されているヒロ・クロサキさんという方がいました。
バロック・ヴァイオリンを弾かれる方のようです。この方かしら。

グムンデンという駅で降りました。彼女とはここでお別れ。
短い時間だったけど、おしゃべり楽しかったな。

振り替え輸送で乗客全員がバスに乗り換えました。
バスはやたらノリがいい曲を流してて、乗客はイタリア人が多いのか陽気で、バスが止まるたびに「ハルシュタット?」と大声で運転手に聞いてた(笑)。
ここに乗ってる人のほとんどがハルシュタットに行くようなのでひと安心。
窓の外は湖がキラキラ光ってて良い天気。気温も上がっています。わたしのテンションも上がります

このまま到着するのかと思いきや、エベンゼーというところでまた電車に乗り換え!
こちらの電車って、なんでホームより電車のドアのステップが高いのかなああああ!
乗り換えるたびによっこらしょっと荷物を引きずり上げる苦労ってば!!
こういうところがバリアフリーじゃないのがすごく不思議です。
うん、日本じゃポーターいらないけどこちらでは必要な文化なんだな。

そして、ようやく、ようやく、ハルシュタットの駅に到着です!

が、ハルシュタットの村は、鉄道の駅の対岸にあるので、これからハルシュタット湖をフェリーで渡らねばなりません。

右上のスケジュールの写真に写ってるのは、フェリーのチケットです。運賃いくらだったか忘れました。



3-15.jpg

近づいてくる湖畔の村。
フェリーの中から撮ったので、少々窓ガラスで反射しています。

3-17.jpg 3-16.jpg


着きました



その2に続きます。


2011-09-27(Tue) 23:11| 旅行| トラックバック 0| コメント 2

コメント

この湖畔の街は先日テレビで観た気がするわ!
なんかややこしい道のりなのねぇ

ちゃんと話が通じるとこがさすがです
わたしは珈琲頼んでコーラが出てきた発音だもん(笑
地味に凹みましたよ

オーストリアは一度も足を踏み入れたことがないから憧れます
旅行日記、ゆったりと進めて年内終了を
目途にしたらええのでない?
とか言いつつ、続きを楽しみにしております~

2011-09-29(Thu) 19:34 | URL | やま #-[ 編集]

☆やまさん

遅くなってすみません!

わたしも旅行前にBSかなんかで見ました。
世界ふしぎ発見でもついこないだやってたなあ。
ハルシュタットに行くのがこんなにややこしいとは思ってなかったよ~

あるある! 初めてNYに行ったときに、マックで1つ注文したはずのコーラが4つも出てきたことあるよ。
あれは凹むね。

旅行記、年内完結でいいかな。
ていうか年内でも…いや、がんばる!

書いてるといろいろ思い出して懐かしく、またすぐ行きたいと思ってしまうわ。

2011-10-01(Sat) 19:50 | URL | しらはせ #L1ch7n1I[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srhs.blog19.fc2.com/tb.php/495-953ff3ce

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。