最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

プロフィール

しらはせ

Author:しらはせ
2007年7月からヴァイオリンをはじめました
寝言から歌声を目指して♪

好きなこと/もの
読書、旅行、紅茶。

使用教本

新しいバイオリン教本4
小野アンナVn音階教本
カイザーヴァイオリン練習曲1
鈴木ヴァイオリン指導曲集6
*
済:新しいバイオリン教本1
  新しいバイオリン教本2
  新しいバイオリン教本3
  鈴木ヴァイオリン指導曲集2
  鈴木ヴァイオリン指導曲集3
  ホーマンヴァイオリン教本1
  ホーマンヴァイオリン教本2
  ホーマンヴァイオリン教本3

リンク

記念日

訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

脱力大事。

今日は、まみりんさんと「藝/大ランド」に行ってきました!
(検索よけにスラッシュ入れさせてもらいます)

発端は、藝/大のコンサートに出かけたときに手にした年間プログラム。
目についた「藝/大ランド」なるもの。
キャッチフレーズは「芸/大が 一日テーマ・パークに大変身!?」
いったい何?と興味をひかれたわたしたち、子供向けの企画っぽいけど行ってみる?ということになったのでした。

DSCF1462.jpg

プログラムです。
楽器体験あり、ミニコンサートあり、オープンリハあり、ホールのバックステージツアーあり。
見どころ多いです。
これは見たいものを見るためには作戦会議をしなければなるまい、ということで、開場1時間前に待ち合わせました。

一番気になったのは、バックステージツアー。人数制限15人で2回しかありません。
まっさきにこれに並ぶことに決定。
集合場所に行くと、子供だけでなく年配の方もいらして、ちょっと一安心。
やはりあっという間に定員いっぱいになって、たぶん結局30人くらいにはなったんじゃないかな、ツアー開始です。
前もって、写真撮影自由と言われたので、ここぞとばかり写真をとるまみりんさんとわたし(笑)。

DSCF1432.jpg

藝/大のホールはウイーンの学友協会のホールと同じシューボックス型。
正面はパイプオルガンです。

DSCF1433.jpg

で、よく見てください。
ちょっとピントずれてるけど、オルガンの装飾に、月と太陽が!
ここでなんかスイッチ入って、まみりんさんに「見て!太陽だよ!」と叫ぶわたし(笑)
ちなみに星もあるよ。

DSCF1437.jpg

舞台に上がらせてもらいました。
たぶん、ソリストからはこんな感じで客席が見えます。明るいけど。

DSCF1442.jpg

パイプオルガンのそばまで来ました。
けっこう高さがあります。高所恐怖症のひとにはつらいかも。

DSCF1445.jpg

パイプオルガン。装飾が美しい。

DSCF1447.jpg

このあとは、「関係者以外立入禁止」の立て札を横目に、音響室と映像を録画する部屋へ。

DSCF1449.jpg

DSCF1450.jpg

機材が入ってるせいか、暑かったです。作業されてる方は御苦労様です。

これでひととおり見て回ったかな、と思ったあと、びっくりすることが待っていました。

DSCF1453.jpg

ここ、どこだと思います?

前から2,3列目の客席に座ってくださいと言われ、最後の説明かなと思ったら。
これからがこのツアーのメインイベントらしい。

まず、背後の手すりが上がり。
次に、座っている椅子が、ゆっくりゆっくり沈んでいきます。
奈落の底まで。

4メートル以上地面が沈んで、ここはオーケストラピット!

DSCF1452.jpg

左手が舞台側、右手が客席です。

DSCF1457.jpg

ここにオペラなどのときにはオケが入るのですね。
ここで演奏したことがあるひとでも、座ったまま奈落に沈む経験はしたことないはずということで、貴重な体験をさせていただきました。
もちろん、オケのピットとして使うときは、この座席は全部取っ払います。

DSCF1458.jpg

DSCF1459.jpg

地下には楽屋が並んでいます。
オケの方々がくつろぐラウンジでお茶までいただき、解散です。

長くなったので閉じますね。


このときすでに聴こうと思っていたオルガンのコンサートが始まっていたので、再びホールに戻りました。
今日は演奏中でも出入り自由なのです♪

荘厳なオルガンの音、地響きのような低音に星がきらめくような高音。
パイプオルガンについている星は装飾用ではなく、星が回転して、鈴が転がるような音を出します。びっくり!


このあとはプログラムとにらめっこしながら行動開始。

邦楽器の部屋で、三味線と鼓を体験しました。

DSCF1460.jpg

三味線を弾くまみりんさんを激写☆

三味線はポジション移動するし(?)なんとなく親近感あります。
会社のひとに沖縄の三線(サンシン)を弾かせてもらったことがあるんだけど、三線と同じような構えでも水牛の爪とバチってかなり違う気がするー。

鼓は、難しかったです。なかなかポン!といい音が出ません。
ここで注意されたのが、力を抜いて手首のスナップで打つこと。
左手で持って、右手で打つんだけど、打つときに左手もひもをつかむ手を緩めるんですって。
まみりんさんはけっこういい音出してましたよ。
まみりんさん曰く、脱力するのはヴィブラートの要領だとか! なるほど、わたしができないわけですわ!(笑)
邦楽専攻の皆様はみんな黒い袴をはいててかっこよかった!

次は、大学内を案内してもらう30分のツアーに参加しました。
練習室で練習している学生さんを外からちら見。
聞いたら、どの部屋にもピアノが1台以上置いてあるんですって。

管楽器の体験で、ホルンを吹いてみました。
わたし管楽器の体験が学校の音楽の授業をのぞいてまったくありません。
まずはマウスピースに息を吹き込みます。
これも、難しい!!!
ここで、口の力を抜いて、と言われました。
楽器とは…脱力して奏でるものと覚えたり…!
ホルンの構えを教えてもらって、吹いてみましたが、息を吹き込んでから音が出るまでが、なんでこんなに時間がかかるのー!?
一応音は出たけど、酸欠になりそう。
肺活量がないので、わたしに管楽器は向いてません。
ここでもまみりんさんはいい音出して説明してくれたおにーさんを驚かせていましたよ。
器用でうらやましい!
おにーさん、高校からホルン始めたんだって。で、音大ってどこのかほこさんかと!

他にも、クラリネット、トランペット、トロンボーン、フルートがありましたが、次のプログラムが始まりそうなので、あきらめました。

オケの公開リハーサルです。
ウィーンフィルのコンマスの方が指導してました。
この方、先日まみりんさんがメンコンを聴きにいったときのソリストなのですが、
ああ、わたしも聴きにいけばよかったー!と後悔。
とても好みの音色でした。特に高音ののびやかで甘い音色!
CD出してるなら買いたいわ。
リハの曲は、ディベルティメント祭りでした(笑)。もう1曲、短調があったんだけどそれはすでに終わってたみたい?
わたしからみるとどこが悪いのかわからないけど、かなりいろいろ指摘されてました。
指摘されて、即座に対応できるのってすごいわ。

最後に、ホールでアイネク1楽章とべとベンの七重奏曲を聴きました。
七重奏曲は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ホルン、ファゴット、クラリネットでした。
ヴァイオリンのカデンツアが途中に入って、ヴァイオリンが目立つ曲でした。


16時半で、本日のプログラムは終了。
お昼を軽く食べただけだったので、すでにお腹がすいたわたしたちはこの時間から夕飯を食べ、19時くらいにスタバに移動して、…気づいたら22時近くでした。
そんな長い時間話してたとは思わなかった!(笑)

今日はとても充実した一日でした。まみりんさん、ありがとうございました!

2009-07-04(Sat) 23:21| 日々| トラックバック 0| コメント 8

コメント

たのしそう^^

オケの裏側ってこうなってるのね!
普通は出来ない体験だね。
パイプオルガンって・・・パソコンのタッチタイプより覚えるの大変そう・・・!演奏する人は本番中「あれ、次どれおせばいいんだ?」とか思わないのかしら!?

2009-07-05(Sun) 07:22 | URL | けい #c25PVKvg[ 編集]

すごいねー!貴重な体験だねー。
楽しそう!
パイプオルガンの音聞いてみたいなあ。

あの場所ってまだ行ったことなくて憧れてます。
古い建物が大好きなのでー。

2009-07-05(Sun) 10:06 | URL | るるこ #-[ 編集]

★けいさん

なかなか面白い体験でしたよ。
パイプオルガンは、鍵盤が3段があるんですよね。
さらに両側にたくさんレバー付いてるし、しろうとには何が何やら!
パイプオルガンって自宅で練習できないし、大変そうだよね。

2009-07-05(Sun) 21:09 | URL | しらはせ #L1ch7n1I[ 編集]

★るるこさん

こういう催しって、今回が初めてなのだそうです。
だからなのか、わりと空いていましたよ。
パンフレットなどを見ると子供向けのようで、大人が行ってもいいのかとどきどきしてたんだけど、楽しめました。
るるこさんも機会があればぜひ♪
パイプオルガンのパイプ部分に色のついた光を当てて反射させたりする効果が面白かったわ。
演奏者は気にならないのか気になったけど(笑)

2009-07-05(Sun) 21:17 | URL | しらはせ #L1ch7n1I[ 編集]

昨日は、お疲れ様でした!
色々とサザエさん状態だった私・・・
ご迷惑かけましたが(笑)、いろいろな体験ができて楽しかったです♪
特に奈落の底とか。

鼓もホルンも脱力と指導されたので、
どの楽器でも同じなんだなーと改めて思いました。
もっと楽器の数があればよかったですよね。

写真も沢山撮影して、文章も書くことが多すぎて・・・と言う感じでまだアップできそうにない状態(笑)。
しらはせさんが詳しく書いてくれたから、あっさり書こうかな(^^)。

2009-07-05(Sun) 23:05 | URL | まみりん #OEsqLiQs[ 編集]

おお~!ほんとに楽しそう!
パイプオルガンがすごく素敵です~!
大阪の某音大でも予約制の色々遊べるツアーがあるのです。
今度行ってみようか、とお仲間と話してるので
俄然行く気が出てきましたよ~
ホルンは吹奏楽時代最も遊んだ楽器のひとつなので
当時は曲を吹けたのだけど、もうだめかもなぁ…なんて。
管楽器は腹式呼吸必須なので急には難しいかも。
でも管も楽しいですよ~!

2009-07-06(Mon) 06:48 | URL | やま #-[ 編集]

★まみりんさん

お疲れ様でした!
ご一緒できて楽しかったです。
さざえさんにはびっくりした(笑)

楽器体験、みなさん優しく教えてくださって楽しかったですね。
見たいものが多くて時間に余裕がなくて、管楽器はホルンだけだったのが残念でした。
フルートとコントラバスに触ってみたかった~
ええ、脱力することって意外とどんな楽器でも大事なんだなって思いました。

えっ まみりんさんも書いてくださいよ~ 急がなくてもいいから(笑)
わたしよりきっと音楽的なことを書いてくれると楽しみにしてるんですから♪

2009-07-06(Mon) 21:15 | URL | しらはせ #L1ch7n1I[ 編集]

★やまさん

楽しかったですよ~
子供が対象っぽくて心配でしたが、プログラムがいろいろで退屈しませんでした。

パイプオルガン、装飾が美しく…なんかもう楽器だけど芸術品ですね。
あんなに近くで見たことなかったから、戸棚みたいなものの中にもちゃんとパイプが存在してるって初めて知りましたよ。

予約するツアーなんてあるのですね!きっと楽しいと思うわ~。
体験した暁にはぜひレポお願いします。
ホルンの音色好きなのに……弱々しい音しか出なくて難しかったです。
腹式呼吸なんですねぇ。
次の機会があれば、腹式呼吸してみるわ^^

2009-07-06(Mon) 21:42 | URL | しらはせ #L1ch7n1I[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srhs.blog19.fc2.com/tb.php/270-d755a5f6

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。