最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

プロフィール

しらはせ

Author:しらはせ
2007年7月からヴァイオリンをはじめました
寝言から歌声を目指して♪

好きなこと/もの
読書、旅行、紅茶。

使用教本

新しいバイオリン教本4
小野アンナVn音階教本
カイザーヴァイオリン練習曲1
鈴木ヴァイオリン指導曲集6
*
済:新しいバイオリン教本1
  新しいバイオリン教本2
  新しいバイオリン教本3
  鈴木ヴァイオリン指導曲集2
  鈴木ヴァイオリン指導曲集3
  ホーマンヴァイオリン教本1
  ホーマンヴァイオリン教本2
  ホーマンヴァイオリン教本3

リンク

記念日

訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

迷走ヴァイオリン.購入記(その3 完結編)

師匠に、どうですか、決まりましたかーと聞かれて、フランスの方にしようと思ってるんですけど、と答えました。

イタリアの方は重くてペグが固くて…という話をしたら、顎当とかテールピースで重いと感じるのかなという話に。
師匠は重いとは思わなかったそうです。確かに、鈴木さんとくらべたら軽いんですよイタリアは。フランスが軽すぎるのかしら。

ペグの固さは調整で直してもらえるから問題ない、ということなので、もう一度弾きくらべをお願いしました。
その場にいらしたピアノの先生も興味津々で見守る中、

まずはフレンチから。

次にイタリーで同じフレーズを。


イタリーの音色を聴いたとたん、やっぱりこれだ、と思いました。
自分の好みはこの音色だと確信しました。
なんで今まであんなに迷ってたのかと不思議に思うくらい…。
この音色に近い音が出るようになるには、きっと長い時間がかかるだろうなあ。
でもちょっとずつでも口説いてこのVnと仲良くなろうと決めました!

あ、ピアノの先生もわたしはこっちがいい!とイタリーを指して即答してました(笑)。


最後に、初心者の楽器購入についてひとこと申し上げるとすれば、

音色で選ぶときは、先生など上手い人に弾いてもらい
それをちょっと離れたところで聴くことが大事 だと思います。

以上で一応Vn購入記は終了です。
長々とお付き合いくださりありがとうございました。
ってここまで読んでる方がいるのかわかりませんが(笑)


2008-05-16(Fri) 01:06| ヴァイオリン関連| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srhs.blog19.fc2.com/tb.php/15-3d89c3a6

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。