最近の記事

フリーエリア

最近のコメント

プロフィール

しらはせ

Author:しらはせ
2007年7月からヴァイオリンをはじめました
寝言から歌声を目指して♪

好きなこと/もの
読書、旅行、紅茶。

使用教本

新しいバイオリン教本4
小野アンナVn音階教本
カイザーヴァイオリン練習曲1
鈴木ヴァイオリン指導曲集6
*
済:新しいバイオリン教本1
  新しいバイオリン教本2
  新しいバイオリン教本3
  鈴木ヴァイオリン指導曲集2
  鈴木ヴァイオリン指導曲集3
  ホーマンヴァイオリン教本1
  ホーマンヴァイオリン教本2
  ホーマンヴァイオリン教本3

リンク

記念日

訪問者

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

雨の日だって怖くない

このところ初夏とは思えない肌寒さで、雨も降ったり止んだりでイヤになりますね。
以前は、雨の日にVn持ち歩くの憂鬱だなあと思っていたのですが、ケースを変えてから雨が怖くなくなりました。
ということで今日はケースのことについて書こうかと思います。
ケースの購入はVnの購入より先でした。

レンタルで借りていた鈴木さん(昨日お返ししてきました!)はアウトフィットでケースがついていまして、びっくりするくらい軽い、三角型ケースだったんです。
軽いのは嬉しい一方、耐久性が不安でした。
わたしは通勤電車にVnを持ち込むので、いつどんな衝撃が来るかと思うと不安で。借り物だし。
それに、このケースは、背負えなかったんですよね。ショルダーにしてもどうしても片手で押さえることになるので、荷物持ちにくいし。お陰でVnを持ってるときは家と会社を直行直帰という健全な毎日で…(笑)。

そんな感じで、わりと早くケースは買おうと考えていたのです。

個人的なケース購入のポイントは、

1.軽くて、丈夫 ←矛盾してるのはわかってます
2.多少の雨なら大丈夫
3.縦置きで楽に持てる、足がついている←電車内では体の前で立てる
4.背負える

まあひとことで言うと、毎日持ち歩けて通勤電車にも耐えられるアップロードファイル、という基準です

調べてみて、BAMがカーボンのハードケースだから丈夫で軽そうだ、と思ったのですが、いかんせん、お値段が優しくない。
こんな感じので他に何かないかと探して見つけたのが、東洋楽器さんの新しいカーボンファイバーのケースでした。
一応、店頭で確認してきました。薄くて軽くてびっくり。形が抱き枕っぽい(笑)。
その代わり楽譜とか、ものがあまり入らないけど、どうせいつも大きめトートを持ち歩いてるので、特に問題はありません。
中身がVnってわからないのはいいけど、角型って妙に大きく見えるんだよなあ。
当時、発売直後で品薄だったらしく、通販で注文したら2ヶ月近く待たされました。

現在、とても快適です。持ち歩くのが全く苦にならなくて。
「なんだろう?」という好奇の視線にも慣れましたとも!(笑)

歩くと取っ手がカタカタと鳴るので、その部分に緩衝材としてハンカチを巻いたら静かになりました。
case.jpg







2008-05-14(Wed) 22:37| ヴァイオリン関連| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srhs.blog19.fc2.com/tb.php/12-5b63e0ea

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。